SSブログ

John Wettonが亡くなりました [音楽]

仕事の関係で記事の更新ができなかったので、少し遅くなってしまいましたが、キング・クリムゾン、U.K.、エイジアなどの多くのバンドのベースとボーカルであった、ジョン・ウェットンが1月31日に亡くなったとのことです。最も成功したバンドとしては、エイジアを挙げるべきなんでしょうけど、私としてはやはりクリムゾンとU.K.での活動がいちばん印象に残っています。

King Crimsonというバンドのアルバムの中で、私のいちばんのお気に入りは「Red」だということは、以前にも書いたことがあります。ここでのボーカルとベースがジョンでした。キング・クリムゾンのレギュラーメンバーが最もシンプルな形態であった時に、ボーカルとベースを担当していたわけで、バンドの中での役割は重いものでした。

この時のドラムス、ビル・ブルーフォードとのコンビは、そのままU.K.に持ち込まれる形になり、Eddie Jobson、Allan Holdsworthという才人ふたりを加えてのアルバムは、緊張感とファンタジーに溢れた傑作となりました。ただし、バンドの活動は短命に終わってしまったのは残念でした。結果としてドラムスのビルはギターのアランと組んで、新しいアルバムを作ることになります。

この間ジョンは一時的にはUriah Heepに加入したり、Bryan Ferryと共に活動したりもしています。そして1982年にエイジア(Asia)を立ち上げて、ファースト・アルバムが大成功を収めることになります。いわゆる「プログレッシブ」ロックから出発した人なんですが、あまりに大きな成功を収め、アルバムもキャッチーな仕上がりであったために、一部の人達からは「プログレの幕を下ろした男」といった、芳しくない評価もされています。

ボーカリストとして、ベーシストとして数多くのバンドに参加してきたのですが、私の印象としてはやはりそのボーカルの威力が、並大抵ではなかったと思います。強く太く、かつ少しだけしわがれるという声は、やはり唯一無二の力を持っていて、参加したバンドの作品で強い印象を残しています。

ベースのプレイぶりは、正直なところ私としてはタイトで正確、という以上の印象は無いのですが。たとえばクリス・スクワイアやグレッグ・レイクのような、ベースの音色とメロディ・ラインで大向こうを唸らせる、といったような存在感は発揮していなかったように思います。

今、ついクリスとグレッグという名を書いてしまいましたが、この2年足らずのあいだに、ジョン・ウェットンも含めてこれら3人の、プログレッシブ・ロックを築いたベーシストたちが世を去ってしまいました。世の中の不思議を感じずにはいられません。ジョン・ウェットン、2017年1月31日、満67歳没。ご冥福をお祈りいたします。どうか安らかに。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。