SSブログ

羅生門 [映画]

先日、黒澤明監督の「羅生門」が放映されていたので、録画しました。この作品は劇場でもテレビなどでも、ちゃんと見たことが無かったので、今度こそきちんと見てみるつもりでいます^^;。そもそも劇場では黒澤作品をあんまり見ていないのですが。いわゆる「名画座」で最初にまともに通して見た作品は、よりにもよって「デルス・ウザーラ」なのでした^^;。黒澤作品としては「変わり種」の部類のようです。

ほかに劇場で見ているのは(もちろんいわゆる「名画座」でですが)、「七人の侍」と「まあだだよ」ですね。この2本の作品のあいだの距離というのも、大きなものだと思います。「羅生門」の原作となっている芥川の「藪の中」は、ずいぶん以前に読んでますが、結局はよく分かっていないんですよね。芥川作品としては、かなり難解なものと考えています。映画版の「羅生門」は、謎解きを試みているということのようですけど、はたしてどのような決着になっているのか。

録画しただけでちゃんと見ていないので、感想などは後回しですが、冒頭の数分は目を通しています。やっぱりモノクロはモノクロの良さがあるなぁ、という感慨がありますね。もちろん我らの世界は(通常は)色が付いているわけで、「カラー映画」というものが自然なのだとは思います。でもモノクロで撮られたものは、ノスタルジアだけではない何かが映像に宿ると思います。

たとえば「フェリーニの道」にしても「カサブランカ」にしても「第三の男」にしても。「色が無い」という条件は、ストーリーを鑑賞する上では妨げにはなりません。カラーとモノクロという「映像の中の色」という論点は、写真を趣味としている私にとっても、面白いものだと考えています。つまりは「モノクロにはモノクロにしか出来ないことがある」ということだと思います。

もうひとつ別な方向に飛び火しますけど、「写真には動画にはできいなこともできる(場合が)ある」というのも、私が以前から考えていることなんですが、たまにモノクロの映画を見ると、この「色と動き」とが、映像というものにもたらす働きのことを考えてしまいます。人間の表現活動としての「写真」と「映画」。それぞれを楽しみとしている私にとっては、久しぶりに思い出したことなのでした。まぁ、まずは「羅生門」をちゃんと見なくては^^;。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。